デメリットを把握しよう

| 未分類 |

女性の方であれば、きれいな脚や細い脚など憧れる事は当然の事なのでしょう。

 

また、きれいな脚や細い脚になる為に、試行錯誤する事も同じく当然の事と言えます。

 
それでは、きれいな脚など細い脚と思わせる武器とは?そう、ハイヒールなのです。

 

ハイヒールは、床上げが高い為脚が長く見えて、プラスかかとが上がっているので、

 

必然と脚に力が入り細く締まって見えて、脚も細く締まって来るからなのです。

 

要は、目の錯覚を利用したすばらしいアイテムなのです。

 
しかし、ハイヒールにもデメリットが存在するのです。

 

それは、ハイヒールを履く事で床上げ状態を保たなければならないわけで、

 

必然と脚や腰に負担がかかり、腰痛やふくらはぎを痛める原因となるのです。

 

また、ハイヒールを履き1度腰痛になると、慢性化する恐れもありますので、

 

特に歩き方には気をつけた方が良いのでしょう。具体的に言うと、歩くスピードを変えたり、

 

腰に負担がかからない様に胸をはって歩く、足腰に負担がかかる前に小まめに休憩する、

 

必要以外の時はスニーカーを履くといった対策が必要となって来るのです。

 
ですから、ハイヒールは女性にとってものすごく魅力的なものであり、

 

美しくさせてくれるパフォーマンスの1つなのです。

 

しかしながら、それと同様に負担も大きくかかって来ますので

 

、履き方には十分注意してきれいな女性を演出して下さい。