pls7950961

 

 

私たちは毎日、歩いています。何をするにも歩くことなくしては生活することはできません。
人の歩き方は気になるものですが、意外に自分がどのように歩いていて、人からどう見られているかはわからないものです。
それでは、キレイに見える歩き方の基本について、触れてみましょう。
まず、背筋をピンと伸ばして、胸を張ります。視線はまっすぐ前を見るようにして、肩はぐらつかさせず、水平に保っていきます。腕は、軽く後ろに引くようにします。かかとはあまり高くあげずに、歩くようにしましょう。かかとを先に着地させます。次につまさきへおろします。1歩1歩、しっかり歩きます。そして、1本の線の上を歩くように足を動かしていきます。
人によってクセがあるものです。靴底が一部分だけ減っていたり、内またやがにまたの人もいます。自分では歩き方がなかなかわからないものですが、ビデオなどの映像で撮ってもらったりするとよくわかります。気になるようでしたら、親しい人に見てもらい、指摘してもらうのもいいのかもしれません。
正しく、美しく歩くことは自分の健康にもよいものです。よい姿勢でバランスよく歩くように心がけましょう。体調を整えることもできるはずです。